※ 事例ノウハウだけ集中して読みたい場合は、ここをクリックしてください。
※ このブログに事例ノウハウ以外のことも書いている理由はこちら
※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ 簡易動画サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

ここではないどこか

萩尾望都の作品集、「ここではないどこか」には、anywhere but here と英題ついていた。anywhere (何処か) but (ではない)、here (ここ)というと、確かに意味はあっているが、何かヘン。hereと言う言葉が最後にくるので、つまり、ここ(here)という気がする。 何かの歌の歌詞で、There is nothing but here us (ここには何もない。我々だけがいる)というのがあった。最後に来る単語が一番目立つ。 「ここではないどこか」はどう英訳すべきだろうか。anywhere but nowhere あたりでどうであろうか。意味はよくわからんが、何となく「ここではないどこか」という雰囲気。 ちなみにanywhere but nowhere とは、意味的には、anywhereでもありnowhereでもあり、意味がメビウスの輪になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>