※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

質問力

質問力。 突然ですが、村中は対人コミュニケーション力は、さほど高くない。だがしかし、「質問力」はあると思う(それで食っている)。 つまり、コミュニケーション力と、質問力は、おそらく別のスキルである。 例:コミュニケーション力を、人に好かれる力と定義すると、例えば、銀座のママなどは、コミュニケーション力が高いであろう。しかし、「質問力」はそれほど高くないかも知れない (銀座のママが得意なのは、むしろ「言葉かけ力」であろう)。 さて、ここからは、協力会社の宣伝。 いつも、一緒にセミナーをやっている、ファシリテータ吉岡さんの個人向けセミナー(7/28)の案内です(申し込みのときに、備考欄に”村中の紹介”と書けば、受講料4500円 → 4000円 になります) (以下、セミナー案内文) ‘————————————————————— http://www.k-signs.co.jp/news/biz.html プロのファシリテーターとして、コミュニケーションに関するさまざまな教育・研修を行ってきた、ナレッジサインの代表、吉岡英幸が、すべてのビジネスパーソンを対象に、会社帰りに90分で素早く、しかも、低コストで、自分の価値を高めるビジネススキルを伝授するセミナーを始めます。  ナレッジサインが提供する教育・研修のエッセンスはもとより、吉岡英幸が著書で発表している「会議術」、「コミュニケーション術」、「発想術」、「自己啓発ノウハウ」など、幅広い分野から、毎回1つのテーマを設定し、シンプルで、わかりやすく、明日からすぐに応用できるテクニックを伝授します。    第2回のテーマは「質問力」です。プロのファシリテーターにとって、「質問する」ことは、ファシリテーションの仕事のほとんどを占めます。質問によって相手の本音や、背景にある課題、また、自分自身が気づいていない問題意識を引き出し、見える化していく。  会議の場だけでなく、営業やプロジェクトなどあらゆる場面で必要とされる質問力をどのように高めていけばいいのか、90分でたっぷりと伝授いたします。 ■内容 ・「質問する理由」よりも「質問に答える理由」が大事 ・質問によって相手の信頼を得るには ・「空っぽの営業カバン」私の質問力の原点 ・「どう聞くか?」の前に「何を聞くか?」 ・質問に答えたくなる最高の媚薬は「好奇心」 ・めざすのは「徹子の部屋」相手が思わずワクワクしちゃう質問ワード  この春に新社会人となった方からビジネス経験豊富な方まで、また、部下や後輩の育成にお悩みの管理職の方など、すべてのビジネスパーソンにぜひ参加いただければと思います。 ‘————————————————————— 何でしたらどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>