※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

マンガでわかる○○-2

たまに「面白くないマンガ販促コンテンツ」を見かけますが、これは正直なところ読み続けるのがつらくなります。情報を得ることが目的なら面白くないマンガコンテンツより普通の文章コンテンツのほうが有用です。 さらに販促マンガの場合、どうしても「表面的な話」「初歩の話」にとどまります。本格検討している見込み客を満足させる「一歩進んだ情報」を伝えるのは困難です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

マンガでわかる○○

「マンガでわかる○○」「新人OLの○○体験記」などマンガをはじめとするライトなエンターテインメント形式のコンテンツです。頭が痛くなるような難解な技術情報もマンガで説明すればわかりやすくなります。これは、面白いものが作れるならぜひやるべきです。連載形式にすればコンテンツの連続投入も可能です。
ただし、マンガなどのエンタメ形式にも弱点はあります。それは「面白いものを作るのはけっこう難しい」という点です。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

大物の取材OKを自力で獲得した、ある編集者-3

この経験を通じてAさんは、「関係機関を通さないとダメ」「紹介が必要」という話に、実は根拠がないことに気づきました。そういうことを言う人は「もったいつけて自分の存在感を高めようとしているだけなんだ」と考えるようになり、以後はどんどん自分で取材アポを取るようになったとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

大物の取材OKを自力で獲得した、ある編集者-2

しかしAさんにはそんなコネも当てもありません。そうこうするうちに締め切りが迫り、思い余ったAさんは、いきなりその大物の事務所に電話しました。すると電話には本人が出たそうです。Aさんは自分の名前、会杜名、媒体名などを説明し、「取材したい」という意思、取材趣旨、掲載形態など礼儀正しく伝えたところ、あっさり取材OKが取れたそうです。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

大物の取材OKを自力で獲得した、ある編集者

ある有名雑誌の編集長Aさんに間いた話です。Aさんが雑誌の編集記者だった頃、ある業界の大物に取材アポを取る必要に迫られました。Aさんは最初、周囲に相談しました。すると
「関係機関のしかるべきルートを通す必要がある」
「あの人は紹介がないと会わないらしい」
など言われたそうです。。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

コンテンツは一次情報から作るのが本筋-3

しかしソフトウエアやコンサルティングなど企業向け無形商材では、残念ながら電化製品の利用体験記のような形でライターに商品を貸与して体験レポートを書かせることができません。無形商材は外注ライターが一次情報を得るのが難しい分野だといえます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

コンテンツは一次情報から作るのが本筋-2

このほかイベントや展示会にライターを出向かせて「COMDEXレポート」「SEOカンファレンス体験記」「東京モーターショー開幕レポート」など記事を依頼することもあります(取材しないで自分の見解や思想を書くという記事もありますが、これはライターというよりコラムニストの領域になります)。先はど挙げたどの記事でもライターは取材や製品の使用を通じて一次情報を取得し、それをもとに文章を作っています。二次情報をまとめるのではなく取材した一次情報を記事化しているので、情報の信頼性の問題をクリアできます。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

コンテンツは一次情報から作るのが本筋

本来、ライターへの業務委託は、「取材とライティング(執筆)」の両方を頼むのが原則です。旅行ライターには現地に旅してもらい、おすすめスポット情報を書いてもらいます。コスメライターには新作化 粧品を試した感想を書いてもらいます。ITガジェットや電化製品では、ライターに製品を貸与して使ってもらい「使用体験記」「商品レビュー」を書かせます。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

グダグダ聞いたりハッキリ聞いたりする-3

一方、とがった質問をするときは「ズバリ、なぜですか?」のようにキッパリ切り込みます。「ハッキリ聞くのでちゃんと答えてくださいね」と軽く迫っていくイメージです。にぶい質問ととがった質問を使い分けると、インタビューにメリハリがつきます。「グダグダ聞いたり、ハッキリ聞いたり」と覚えてください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら

グダグダ聞いたりハッキリ聞いたりする-2

にぶい質問では、「いかがでしたでしょうか」とさえ言わず、「いかがな感じで・・・」のように「・・・・・」でフェードアウトさせることも少なくありません。これは、言葉の語尾を言い終わらないことで、相手に続きを言わせるように促すのです。途中でグダグダにフェードアウトさせ、そこで相手にバトンを渡すようなイメージになります。(つづく→)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
事例ノウハウをもっと詳しく知りたい人のための書籍「導入事例バイブル」はこちら