※ カスタマワイズ 企業公式サイト:クリック
※ 事例制作サービス案内(価格表):クリック
※ お問い合わせ:クリック

牛丼屋と女性

(※ 注:事例と関係ない雑談です)

(村中): むかし女の子と一緒に歩いていたときに、牛丼が食いたくなったんだよね。

Q: はあ、

(村中): その子に、牛丼屋寄っていこうって言ったんだけど、わたしいらないって言われてさ、

Q: はあ、

(村中): えー、何で? 牛丼ウマいよ、食べよーよって誘ったけど、わたし外で待ってるから一人で食べてきてって言われたんで、それじゃあって入って、待たせちゃ悪いから速攻で食べてきた。さすが、安い、早いだなと思ったよ。

Q: ....

(村中): そして何年か経ってわかった。あ、そうか、女の子だから牛丼家に入るのが恥ずかしかったのか、そうかあって。

Q: それ、何年か経たないと分からないようなことですか。

(村中): うん、そうだよなあ。今まで女性の気持ちとか分かった試しがないが、これはその中でもなかなか鈍感が極まったエピソードだと思う。

Q: まあ、牛丼店とかは、女性にとっては「入るのが恥ずかしい場所」に位置づけられているんじゃないですか。

(村中): でもさ最近、様子が変なんだよ。

Q: ヘンというと?

(村中): 俺、330円のミニ牛丼が好きで、今でも小腹が空いたときの昼食はそれなんだけど、ここ一年、女性客を見かけるようになったんだよね。

Q: それ、海外の観光客なんじゃないですか。韓国や台湾から来た人からすれば、牛丼とかって、ユニークな日本食だから入って食べてみたくなるという。

(村中): 最初は俺もそう思ったんだけど、でもいじってるスマホの画面とか、やっぱり日本語で、みんな日本の女性なんだよね。それもビジネススーツのOLだったり、カジュアルな学生だったり20代の女性が多い。

Q: 牛丼屋の位置づけが変わったんでしょうか。

A: やっぱり安いからなのかなあ。デフレ継続中ってことなんだろうか。

日本人の寿命

(村中):むかしから疑問なんだけど…

Q: 何ですか。

(村中): どうして日本人って平均寿命が世界一なんだろう。

Q: 和食がいいんじゃないですか。ヘルシーで。

(村中): と、まことしやかに言われるが、よく考えると疑問だ。まず日本食は塩分が多い。醤油も味噌もけっこうな量の塩分を含んでいる。塩分が多いのは実は脳卒中が起きやすい食事だ。

和食が体にいいなら戦前や江戸時代はたいそう長生きだったはずだがそうではない。一説には、和食にプラス肉食が広まったことが長寿の原因ともいわれる。黒澤明はお肉大好きだったが88歳まで生きた。

それに平均寿命のベスト10には、オーストラリアとかアイスランドとか入っている。先入観で言っていいのかどうかだが、かたやオージービーフ、かたやバイキングの末裔が住む火山島で、あんまり野菜が多いバランスがいい食事をしているとは思えないんだが。

※ 2016年平均寿命ランキングhttp://memorva.jp/ranking/unfpa/who_whs_2016_life_expectancy.php

Q: オーストラリアは、ストレスが少ないから長生きなんじゃないですか?

(村中):だったらなぜ日本が一位なんだろう。日本は自殺も多いし、とうてい低ストレス社会とは思えないのだが。それに8位にイスラエルが入っている。あそこはいつも戦争状態で、決して低ストレスとも思えないのだが。

Q: じゃあ、何でなんでしょうね。

(村中):長生き、アンチエンジングについては、唯一実験でエビデンスが出ている手法がある。

Q: 何ですか。

(村中):小食だ。

Q: 小食って…、食べないって事ですか?

(村中):そうだ。摂取カロリーを80%にしたマウスは明らかに他より長生きだったらしい。生物はお腹いっぱいになることには慣れていない。人間発生以来、現代のように毎日腹一杯になるのは異例のことで、生物はそもそも空腹が基本だ。満腹の方が異常だ。でも人間の進化のスピードはそんなに早くない。だから8割カロリーに合わせて体が設計されていると。

Q: 日本人て小食なんだ。

(村中):2695カロリーで世界第104位だ。ちなみに中国や韓国は3000キロカロリーを越えている。日本人の小食傾向は年々強まっていて、今や終戦直後の1946年を下回るぐらい、小食らしい。

– http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/0100.html
– http://kenko-syoku-i.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-bf98.html

Q: 昭和21年以下ってのはすごいですね! で、それが長寿の原因?

(村中):いや、分かんないけど、もしかしてそうかなと。食事は和食でそこそこバランスが良くて、一応、先進国だから乳幼児死亡率が低くて、でもストレスは高いんだけど、その分は小食でカバーする、という話なのかな、もしかして、と。

10月31日 【顧客事例で問い合わせ3倍】 「ホームページ改善で案件1億円を達成した方法」で1時間講演

10/31 東京で、事例について話をします。

内容は、「ホームページリニューアルで、事例を使って問い合わせ、ひいては売上げを増やす方法」を、

私のクライアントの実例、

そして私の会社員時代の経験をもとにお話しします。

詳細、お申し込みはこちら

http://www.enatural.co.jp/seminar/?mm=cw

「インパクトあるキャッチコピー」考えようとするのは無意味である(1)

以下、日経BP ITPRO MARKETINGの連載、「事例こそ最強のBtoBマーケティングである」の転載です。

——————————————————————–

Q:事例記事にいいキャッチコピーを付けようとして悩んでいます。どうすればインパクトのあるコピーが作れるのかと…。

A:「インパクトがある」ってどういうこと?

Q:インパクトといったらインパクトですよ。

A:いや、そこをちゃんと言語化してほしいんだけど。

Q:見た瞬間に衝撃を受けるような、これはスゴいと思うような、グッと気持ちが引き付けられるようなキャッチコピーですね。

A:どんなキャッチコピーならそう思えるんだ?

Q:それが分からないから悩んでいるんです。どうすればインパクトのあるキャッチコピーが作れるのでしょうか。

A:一つ確実にいえるのは、もし「インパクトのあるキャッチコピー」を作りたいのなら「インパクト」という言葉を使ってはいけない。

Q:え? どうしてですか?

A:「インパクト」という言葉には方向がないからだ。


つづきはこちらから
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/111100134/082400017/

サブリミナル効果はウソだった…

( ※ 注:事例と関係ない話です)

(村中):サブリミナル効果って知ってるよね。

(聞き手):あれでしょ、映画の上映中に、コンマ数秒、コーラの写真を紛れ込ませておくと、観客は映画を見た後コーラが飲みたくなる、とかいう。

(村中):それって、まるっきりウソらしい。

(聞き手):え、そうなんですか。

(村中):サブリミナル効果は、1957年(昭和32年)にアメリカの広告マンのジェイムズ・ヴィスカリーが提唱した。発表されるやいなや大ブームになった。その後、多くのテレビ局が同じ実験をした。しかしヴィスカリーのいうような効果は生まれなかった。サブリミナル効果が疑わしいとなった後、ある大学生がヴィスカリーが実験に使ったという映画館を訪れた。ヴィスカリーは16週の間、45000人の観客を相手に実験したと言ったが、その映画館は、そんな実験はとうてい不可能なほど小さなところだった。映画館の館主もそんな実験はやっていないと明言した。

(聞き手):はぁ。

(村中):そして5年後の1962年、ついにヴィスカリー本人が自分はウソをついていたと認めた。実験なんてやってない、サブリミナル効果なんてものもない、全ては倒産寸前の自分のコンサルタント業を回復させるための、まるっきりの口からでまかせだと。

(聞き手):でも、わたし、サブリミナル効果ってけっこう信じてたんですけど。

(村中):そう、この話の注目すべきは、当の本人がウソだと認めたのに、サブリミナル効果そのものは一人歩きして、ずっと信じられていたということなんだ。2006年にアメリカで行われた調査だと80%以上の人が今でもサブリミナル効果を信じているそうだ。

(聞き手):日本でもそんなもんだと思います。

(村中):うん、私も信じてたし。やっぱり人間は本当のことじゃなくて、信じたいことを信じるんだなと。

(聞き手):サブリミナル効果以外にも、そういうウソってあるかもしれませんね。

(村中):うん、いっぱいあるみたいだ。メラビアンの法則とか、ダイオキシンは最強毒物とか。

(聞き手):何だかよく分からなくなってきました。

(村中):うん、おれも。

 

つきつめて考えてみる、IT製品の導入効果とは、つまり何なのか?

以下、日経BP ITPRO MARKETINGの連載、「事例こそ最強のBtoBマーケティングである」の転載です。

——————————————————————–

IT製品の事例を書くときは、「導入効果」を詳しく書くことが重要といわれています。とはいえ導入効果と一概にいっても、それは製品が「デスクトップ用簡易ツール」など小規模アプリケーションなのか、「仮想サーバー」などインフラなのか、「生産管理システム」、「ERP」など大規模システムなのか、製品ジャンルごとに効果のあり方は異なります。

 しかし、そういったのでは「製品いろいろ、効果もいろいろ」で話が終わってしまいます。ここでもう一歩突っ込んで考えてみましょう。

 今回は、「IT製品の導入効果とは、つまり何なのか」を、製品の種別にとらわれず、普遍的に把握してみたいと思います。いったん根本原理を理解してしまえば、あなたの製品が何であろうとも、導入効果が迷わず記述できるので便利です。では始めましょう。

■ IT製品の導入効果は、究極のところ3点に集約できる

筆者はこれまで何百本もIT導入事例を作ってきました。その経験からいうと「IT製品の導入効果」は、最終的には次の3点に集約できると考えます。

タイプ1.「効率化・コスト削減」
タイプ2.「属人性の低減」
タイプ3.「基盤の確立」

では一つずつ検証していきましょう。

タイプ1.「効率化・コスト削減」

 「効率化」とは「一定の成果を上げるための資源投入量が減ること」と定義できます。砕いていえば、「今までやっていたことが、より短時間、より少ない手間、より少ない人数でできるようになること」、つまり「ラクになる」ということです。

 なお経営資源の中では「お金」が特に重視されているので、お金の効率化には「コスト削減」という特別な名前が付いています。つまり「今までやっていたことが、より少ないお金でできるようになる」、もっと短くいえば「安くなる」ということです。

 IT製品による効率化とはすなわち、「今までも一応できていたことが、IT製品の導入により、今はもっとラクに、または安くできるようになった」ということです。

タイプ2.「属人性の低減」

 属人性の低減とは「人に属する要素を減らすこと」。つまり「以前は特定の人だけできてほかの人にはできなかった何かが、ITツールの導入により、誰でもできるようになった」ということです。

(つづきはこちら)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/111100134/032800007/

 

顧客ニーズをあれこれ考えても意味はない ~ それより先に知るべきことは

以下、日経BP ITPRO MARKETINGの連載、「事例こそ最強のBtoBマーケティングである」の転載です。

——————————————————————–

マーケティングでは「顧客ニーズをつかむことが重要だ」、ソリューション営業では「いきなり商品を売り込むのではなく、まず“お客様のお困りごと”を聞かなければいけない」などとよく言われます。

 しかしここで問題になるのは、自社の商品がその顧客ニーズやお困りごとの解決に役に立たない場合に、どうすればよいかです。例えば人事について深く悩んでいる経営者に、文書管理システムを提案しても意味がありません。


 世の中の営業本には、「自分は商談のとき商品のことは一切しゃべらない、得たければまず与えよ、自分はまずお客様である社長の困りごとの解決に全力を尽くす、そうすれば成約は自然についてくる」と豪語しているものもあります。

 こういう話は「前提」に着目しなければいけません。営業の大前提となるは「売っている商品は何か?」です。そういう目で、「困りごと解決第一主義」の営業本をよく読むと、そこで売られているのはたいていが「保険」です。

 保険は、ほぼ全ての経営者にニーズがあり、商品内容は各社がほぼ横並びです。だったら、どうせ買うなら自分のために良く動いてくれる営業担当から買うのが良いと考えるのは当たり前です。

 こうした「特殊な商品で通用する話」を、前提を意識せず無制限に鵜呑みにしていると、営業ではなくただの“使い走り”になってしまいます。

 次にマーケティングの場合で考えてみます。

 マーケティングとはどんな活動なのでしょう。大きくは「売れる商品を作る」か「今ある商品をもっと売る」のどちらか、つまり「商品企画」か「販売促進」のどちらかになると思います。

 しかし筆者は、BtoBマーケターが商品企画を通じて顧客ニーズを満たすのはとても難しいと考えています。

※ つづきはこちら
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/111100134/030400004/

※ 後編:「顧客ニーズをあれこれ考えても意味はない(後編)~もっと重要なことがある」はこちら。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/111100134/030400005/

「挨拶は最強ノウハウ」「商品価格と東京ドーム」「先生」

**** 最強のノウハウは挨拶

村中が事例取材(インタビュー)で非常に重視しているのが冒頭の挨拶、趣旨説明です。

事例取材では「深いところまで掘り下げる」のが良いとされていますが、それは一歩間違えると「ぶしつけなジャーナリスト」になってしまいます。百歩譲って、村中が大新聞の記者なら少々ぶしつけでも良いのかもしれません。その場合は新聞というメディアに権威があるからです。しかし単なる企業の販促物制作でしかない事例取材ではそうした七光りはありません。

だから、挨拶が重要になります。挨拶を的確に行うことにより、取材本番で何かがあったとしてもトータルで何とか挽回できます。「人間、挨拶だ」というのは事例取材の非常に重要なノウハウです。

挨拶という手法の非常に良い点は、テンプレート化が可能、ということです。村中はインタビュー冒頭の趣旨説明は完全にスクリプト化しており、毎回テープレコーダー的にしゃべっています。事例取材の最強のノウハウは冒頭の挨拶、趣旨説明です。


**** 商品価格と東京ドーム

何かが大量であることを「東京ドーム ○○個分」と表現することがあります。たとえば2013年の世界のビール消費量は「東京ドーム152杯分」と表現されていました。

東京ドームを単位にする方法には賛否両論があり、かえって分かりにくくなるという反対意見もあります。それでも東京ドームが比喩単位として重用されるのは、おそらく面積と容積の両方で使えるからでしょう。たとえば明治神宮○個分や甲子園○個分では、面積は表せても容積が表現できません。

この比喩単位による表現は、商品価格を伝えるときにも使えます。村中は商品価格が100万円程度という場合は、男性向け記事なら「軽自動車1台分」、女性向けなら「歯列矯正と同じぐらい」という言い方を使ってきました。ただ最近は軽自動車が豪華かつ高価になってきたので、この言い方はそろそろ使えなくなったと感じています。

*** 先生

最近、中国語を勉強しています。中国語では目上の人への敬語は「先生」です。これは「先に生まれた人」ということなので、日本語のように「教師」を表すのよりはスジが通っているなと思いました。

資産防衛の荒技、賃貸住宅、とにかく毎月、シン・ゴジラ

**** 資産防衛の荒技

しばらく前に、東京近郊で500年以上続くという歴史ある家に取材にいくことがありました。つまり江戸時代よりもっと古いわけです。住宅街を抜けた奥の山のそばに大きな屋根の立派な木造建築がありました。それだけ続く家なので周囲に土地も多く持っています。いわゆる土地持ち資産家の家です。とこう書くとうらやましいですが、資産家には資産家の悩みがあります。土地持ちのところには、いろいろな人が近寄ってくる。いろいろ関わるうちに気がついたら抜き差しならないことになっていたりします。村中に事例制作を依頼してきたクライアントは、そうして起きてしまった過去のあれこれを、整理して引っぺがすという荒技の使い手です。こういう業種の事例では、事の詳細は生々しすぎて書きませんが、それでもなお読み手に「この会社、荒事(あらごと)もできるんだな」とそれとなく感じさせるように書かなければいけません。微妙な単語の選び方、写真の撮り方が重要になります。

**** 賃貸住宅の事例

賃貸住宅は、事例としてはたいへん難しい題材です。なぜなら賃貸住宅の場合、顧客が選択する理由は、物件そのもの、家賃、立地であり、大家さんの対応がよかったとか、問い合わせの電話対応が良かったとか、その他サービス要因は二の次三の次だからです。このことは、もしみなさんが自分のすみかを探すとして「大家や不動産会社の対応は最悪で、だけど立地は最高、物件もキレイ、家賃も手頃」という物件と、「大家さんも業者もいい人、ホームページも分かりやすい。だけど物件今イチ、立地は遠い。家賃はやや高い」という物件とどちらを選ぶかを自らに問うてみれば分かると思います。そんな難しい賃貸物件の事例制作の依頼が、ある地方都市からありました。その会社は家賃やや高、立地は悪くはないが最高ではないといったあたりです。ただ付加価値の付け方がスゴイ。現在、その会社は満室&最高益です。

**** とにかく毎月

弊社クライアントで「とにかく毎月一本、事例を作る」ことをやっている中小企業があります。業種は「むかしからある地味な業種」「お客は『とにかく安いところを!』と求めるような業種」「お客から見て品質の良し悪しが分かりにくい業界」「だけど技術(腕前)のちがいはやっぱりある業界」です。そして1年が経ち、大きくは問い合わせ2倍増、売上げ1.5倍増という結果が出ています。

**** シン・ゴジラ

映画「シン・ゴジラ」があまりにおもしろくてびっくりしました。村中はフルCGの映画があんまり好きではありません。ハリウッドのフルCGアクション映画は、宇宙で宇宙船が飛びまくったり、町が空にめくれ上がったり、異世界の異性物がリアルに動いたり、さまざま趣向がこらされていますが、それを映画館の予告編で見るたび、いつも「むなしい」気持ちになります。なんだか「薄味」なのです。むかし黒澤明が七人の侍を作ったとき、「今までの日本映画はお茶漬けサラサラだった。自分は、ステーキのような映画を作りたい。ステーキの上に、うな重を載せて、さらにカレーをかけたような、お腹いっぱいの御馳走映画を作りたい」と言ったそうですが、村中はシン・ゴジラを見てその言葉を思い出しました。

3ヶ月ぶり更新

気がつけば3ヶ月ぶりの更新となってしまいました。この間、怠けていたわけでなく、実は隔週更新の日経BPの連載の方を書いていました。しかし、このままでは自社ブログの更新の方ができません。

しばらくは本格ノウハウは、日経の連載の方に書き、こちらブログはライトな近況報告の場として活用してみようかと思います。

それにしても更新というのは続ければそれが惰性で続くし、中断すればやなりそれが惰性で続きます。慣れというのはだいじだと改めて思いました。